Final 2022年秋頃か 記事根室本線 東鹿越駅 鉄道駅として廃駅のイメージ画像 History 81年

根室本線 東鹿越駅 鉄道駅として廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

1941年12月に開業した根室線の東鹿越駅(北海道空知郡南富良野町字東鹿越)が鉄道駅としての歴史の幕をおろします。2016年の台風被害のため、根室本線の一部区間(富良野駅 – 音別駅間)が不通となっており廃線がささやかれていましたが、残念ながら正式決定がなされました。

かなやま湖を間近に望み、自然に囲まれた美しい景観の東鹿越駅は、人家も見当たらず静かな場所に位置しています。鉱山の近くにあるということもあり、石灰岩を工場に輸送するための貨物列車がかつては運行していましたが1997年に廃止されました。現在でもホームに設置されている石灰岩から採掘が盛んな土地である様子が伺えます。鉄道駅としての廃止が決まり、根室本線滝川方面からの事実上終着駅である、この秘境駅の最後の姿を見ようと駆けつけるファンは後を絶たないようです。最後にもういちど現地を訪れてみてはいかがでしょうか。

(2022年1月執筆)

 

東鹿越駅厳しい冬にも営まれ続けた日常の光景に終わりが近づいています。

 

東鹿越駅今となっては貴重な光景です。

 

東鹿越駅多くの人々の大切な思い出を詰め込んで美しい歴史の幕を下ろします。

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す