京都市立向島中学校 閉校

  • 文化・教育施設

京都市立向島中学校(京都市伏見区向島二ノ丸町151-55)は2019年3月末をもって閉校し、同年4月からは中学校区にある3つの小学校と統合した公立小中一貫校に生まれ変わることになっています。1970年代に向島ニュータウンが建設されたことから世帯数や児童数が急速に増加し、同校は1980年に開校しました。39年の歴史がある同校では、文化行事が盛んに行われてきたという歴史があります。毎年秋に生徒たちは地元の歴史について調べ、将来ある街づくりを独自で研究発表する「学習発表会」、学年ごとに一つの作品を作り上げて発表する「向島ミュージアム」が開催され、生徒の堂々とした姿と成長に保護者や教員、地域住民の方々を感動させ、喜ばせていたようです。閉校は残念ですが、新たな学舎での生徒達の更なる活躍を期待しましょう。(2019年1月執筆)

 

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す