山梨県立峡南高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

1923年、峡南農工学校として開校した県立峡南高等学校(山梨県南巨摩郡見延町三澤2417)は、ものづくりの精神を基本に多くの技術者を世に送り出してきました。単なる技能訓練校ではなく幅広い意味での工業教育を目指しています。オリジナルの家具や和紙を使ったドレスづくりを行うクラフト科や資格取得を目指した高度な研究を行う電子機械科など生徒たちの日々の取り組みは研究発表の成果を見るとよく分かります。また、部活動も盛んで、各部活動を応援する応援部は積極的に地域のイベントなどにも参加し会場を盛り上げています。しかし2020年4月には増穂商業高校、市川高等学校との統合が予定されており新しい新設校へ移行することになっています。当校は独立校としての96年の歴史に幕を下ろします。(2019年1月執筆)

 

新設高2020年度開校へ 峡南3校統合 学年定員280人

出典 毎日新聞

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す