記事忠犬ハチ公像 移転かのイメージ画像

忠犬ハチ公像 移転か

  • その他

世界的に有名な忠犬ハチ公像(東京都渋谷区道玄坂2-1)。渋谷駅で亡き主人を待ち続けたハチ公のエピソードは、多くの人が耳にしたことがあるのでは。実は今のハチ公像は2代目ということをご存知でしょうか。1934年に建立された1代目のハチ公像は、戦時中金属回収運動の高まりから供出され、一度その姿を失ってしまいました。その後、1948年に戦後復興のシンボルとして2代目の忠犬ハチ公像が再建された、という歴史があります。

現在のハチ公像は、世界中から観光客が訪れるとともに待ち合わせ場所として多くの人が足を運びます。2020年現在、渋谷駅周辺は大規模な再開発を行っていますが、その中でハチ公像も別の場所に移動する可能性もあるそうです。渋谷のこの場所に佇むハチ公に思い出がある人も多いでしょう。その記憶を懐かしむために、今のうちに足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年2月執筆)

 

この場所でこの景色に囲まれて佇むハチ公こそ、という思いをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

渋谷の移り変わりを見続けてくれたハチ公。

 

長きに渡り渋谷の地を守ってくれたように思えます。いままでありがとう。

PHOTO:t2kaori

長年に渡りこの場所で渋谷を見守ってくれたハチ公像。この機にいちどハチ公の物語に触れてみてはいかがでしょうか。

あなたにとって永久保存版のメディアになるかもしれませんね。

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す