Final 2014年3月31日 記事大洲市立予子林小学校 閉校のイメージ画像 History 139年

大洲市立予子林小学校 閉校

  • 文化・教育施設

大洲市立予子林小学校(愛媛県大洲市肱川町予子林1957)は2014年3月末で閉校になった学校です。明治初期の1875年に開校し、139年の歴史の中で明治・大正・昭和・平成と4つの時代をくぐり抜けました。

同校は山間の棚田の中に位置し、鉄筋校舎と昭和初期に造られた木造校舎が同居しており広々とした印象があります。木造校舎部分に残る長い廊下が目を引きます。全校児童は閉校時点で20名に満たず低学年・中学年・高学年の複式学級となっていました。いたる所にかつて子どもたちが学んでいた足跡が感じられ、郷愁にかられます。

時期は不明ですが取り壊しが決まっているようなので、興味がある方はぜひ解体前に訪れてみてください。

(2020年5月執筆)

 

当校の歴史と伝統は永遠に語り継がれることでしょう。

 

格式を感じられる門構えです。

 

長年に渡り、地域の子供達をお守り頂きありがとうございます。

 

PHOTO:遍照の響き/予子林小学校

 

VIDEO : 四国ねっとTV 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す