Final 1981年3月31日 記事新井市立平丸小学校 寸分道分校 閉校のイメージ画像

新井市立平丸小学校 寸分道分校 閉校

  • 文化・教育施設

1981年3月末をもって、長い歴史のある新井市立平丸小学校 寸分道分校(新潟県妙高市寸分道)が統合のため閉校となりました。

寸分道分校は、限界集落の山奥にひっそりと佇む学校。白い外装が特徴の同校には当時9名の児童が通学していました。現在は学校の面影はないものの、玄関にある表札が学び舎であった証として残っています。閉校後は避難所として静かに時が過ぎるのを待つのみとなっていましたが、県内在住のアーティストを中心として、集落の活性化のため同校でライブを開催。静かな地域に多くの人が訪れ、山には賑やかな音楽が響き渡ったそうです。

長い間この地区を見守り続けてきた同校。自然と共に子どもたちを育ててきた寸分道分校の歴史は思い出とともに残っていくはずです。同校にゆかりのある方は、この場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年7月執筆)

 

沢山の思い出がつまった校舎です。

 

かつては子供たちの賑やかな声が響いていたことでしょう。

 

長年に渡り、地域の子供達をお守り頂きありがとうございます。

 

PHOTO:遍照の響き/平丸小学校 寸分道分校

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事