Final 1989年3月31日 記事栃尾市立半蔵金中学校 閉校のイメージ画像 History 42年

栃尾市立半蔵金中学校 閉校

  • 文化・教育施設

1989年3月末をもって、1947年に開校した栃尾市立半蔵金中学校(新潟県長岡市栃尾市大字半蔵金)が他校との統合のため閉校しました。

半蔵金中学校は、山に囲まれた自然あふれる集落の端に位置する学校です。当時は大きな2階建ての木造校舎でしたが、今ではその一部のみが現存しています。校舎入口には「笑顔で対話明るい家庭」と書かれた古い標語が、学校であった唯一の名残として掲げられたままとなっています。現在は地域の方によって農産物の製造販売所として生まれ変わっています。

42年間に渡って子どもたちを育ててきた半蔵金中学校の歴史は、これからも語り継がれるでしょう。同校にゆかりのある方は、この場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年7月執筆)

 

小さくても機能的な校舎です。

 

様々な方の思いがつまった校舎のようです。

 

長年に渡り、地域の子供達をお守り頂きありがとうございます。

 

PHOTO:遍照の響き/半蔵金中学校

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事