桜川市立羽黒小学校 閉校

  • 文化・教育施設

2021年3月末をもって、桜川市立羽黒小学校(茨城県桜川市友部201番地)が閉校することになりました。

1873年に松田と西小塙に桜川市立羽黒小学校が創立。ここが同校の創立起源になります。同校では「郷土を愛し、未来に向かってたくましく生きる子どもの育成」を教育目標とし、実現するためにみんなが楽しい学校づくりをしています。そのため、この地域で多く産出される別名「白い貴婦人」の稲田石の加工現場を見学などの校外学習が充実しており、子どもたちは郷土の魅力を楽しく学ぶことができているとのことです。

148年間に渡りこの地区を見守り続けてきた同校ですが、残念ながら2021年に閉校し、その歴史は新設の統合校に引き継がれることになります。ゆかりのある方はこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。美しい花を咲かせる「蒼蒼の桜」の木が出迎えてくれるでしょう。

(2020年11月執筆)

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事