笠岡市立大島東小学校 閉校

  • 文化・教育施設

1873年より長きにわたって地元民に見守られてきた笠岡市立大島東小学校(岡山県笠岡市大島中2553-1)ですが、進む少子化による児童数減少のために統廃合の対象となってしまい、2018年3月で閉校することになりました。堂々たる145年の歴史の閉幕です。
開校以来、延べ約4,000人の卒業生を送り出したという大島東小学校は、1945年代にかけては300人ほどの児童が通っていた時期もありました。しかしその後だんだんと児童数は減少し、現在は全校生徒が18人でした。2018年3月26日には、たくさんの来賓の方や保護者、地域の住民が参加して、大島東小学校の閉校式が開催されました。長い歴史と伝統のある大島東小学校も2018年3月31日をもって閉校、長年の歴史の幕を閉じました。同年4月から子どもたちは、大島中学校、大島小学校へ通っています。(2018年12月執筆)

 

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す