韮山郷土史料館 閉館

  • 建物・施設

韮山代官所で代官を務めた江川家の、現存する邸宅に隣接して韮山町が1966年に建設した「韮山郷土資料館」(静岡県伊豆の国市韮山韮山2-4)。弥生時代後期に使われた土器や椅子、農耕に使われた道具類や住居跡が出土している山木遺跡のものを中心に、付近一帯からの出土品や伊豆の国市内で発掘された古墳時代から室町時代の遺物が充実していた史料館です。年に2回行われる企画展示や夏休みの自由研究などで、重要文化財の江川邸とあわせてこの史料館を訪ねたという思い出のある地元の人も多いでしょう。建物の老朽化により、2017年5月31日に韮山郷土資料館は閉館、51年の歴史に幕を下ろしました。同年7月に開館した、伊豆の国市立図書館2階の「伊豆の国市郷土資料館」に貴重な史料は引き継がれています。(2017年3月執筆)

 

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す