記事薩摩川内市立大馬越小学校 閉校のイメージ画像

薩摩川内市立大馬越小学校 閉校

  • 文化・教育施設

薩摩川内市立大馬越小学校(鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名6201)が2018年3月31日をもって閉校します。1871年に前川内郷校を設立したのがこの学校の始まりです。当校は地域に密着した学校です。人気があったのが「わくわく大馬越ん子塾」となづけられたイベント。地域の方々の協力を得て、児童が様々な学びを体験するというものです。近隣に原子力発電所があることから防災に関する講義なども行われていたようです。また交通安全やいじめ防止などに力を入れていて、その成果が高く評価されている学校でもあります。長い歴史があり地域に溶け込む当校ですが、地域の若年人口減少の影響が大きく、残念ながらその歴史の幕を閉じることになりました。147年の堂々たる歴史の閉幕です。当校は平成30年に薩摩川内市立入来小学校に統合される予定です。(2017年10月執筆)

 

体育館でしょうか。

 

コンパクトな美しい校舎です。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:清十郎様/PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す