記事高知県立須崎高等学校 閉校のイメージ画像

高知県立須崎高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

高知県須崎市にある、須崎高等学校(高知県須崎市下分甲391-2)は1946年創立。同校は、学生たちが多彩な進路を実現するために、商業や芸術、外国語などに関する専門科目を設置していることが特徴です。幅広い選択科目を用意していたため、生徒たちは自身の希望進路に応じてコースを選択し、自分の夢の実現に邁進することができました。さらに徹底した少人数授業を行うための教室やホールを完備することで、より勉学に集中することができたようです。

長い歴史を持つ同校では、2018年には創立72周年を祝う記念式典も行われました。しかし、須崎工業高等学校と統合し、2019年4月には須崎総合高等学校が開校することに伴い、須崎高等学校は2019年3月31日に閉校することに決まっています。多彩な魅力を持つ学生を育て続けてきた須崎高等学校で過ごした日々に、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

(2019年1月執筆)

 

3年間通った校門です。

 

大きな石にかつての県知事様からのメッセージが記されています。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:高知県在住N様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す