記事南島原市立津波見小学校 閉校のイメージ画像

南島原市立津波見小学校 閉校

  • 文化・教育施設

南島原市立津波見小学校(長崎県南島原市加津佐町甲3761番地)が 131年の歴史に幕を下ろしました。当校は、1883年に設立された小学校。校庭からは煌めく天草灘や、美しい棚田が一望できる贅沢な立地。海の青と棚田の緑が青い空によく映える、美しい景観が魅力的な地域です。

隅々まで手入れされ、現代まで大切に使われてきた木造校舎は、子供たちの賑やかな声と活気が染み込んでいるようで、あたたかな温もりを感じさせます。また、この地域には道徳的で献身的な人々が多く「良風美俗の里」と言われていました。その要因を作り、孝子として親しまれ尊敬されている「安永安次」に敬意を表し、学校行事として御墓参りを実施していました。2014年には学校再編のため廃校となってしまいましたが、同校にゆかりのある方は是非跡地を訪れて、道徳と献身を学んだ母校を懐かしんでみてはいかがでしょうか。

(2019年8月執筆)

 

何度も通った光景です。

 

とても美しく手入れがされている学校だったようです。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

PHOTO:kattyan

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す