北九州市立小森江西小学校 閉校

  • 文化・教育施設

2022年3月末をもって、北九州市立小森江西小学校(福岡県北九州市門司区羽山一丁目12番1号)が閉校します。

1925年に小森江第二尋常小学校として創立。ここが当校の創立起源となります。眼下に関門海峡を見渡し、背後には緑の山々が連なる静かな環境に位置する同校には現在児童98名が通っています。地域との交流が盛んで、ホタルの飼育やアルミ缶・古紙回収などの環境保全をはじめ、近年では同市と共にSDGs活動に積極的に取り組むなど、最先端の教育を取り入れているとのことです。

97年間に渡りこの地区を見守り続けてきた同校ですが、残念ながら2022年に閉校予定。その歴史は新設の統合校の北九州市立小森江小学校に引き継がれます。ゆかりのある方はこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年6月執筆)

 

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す