四万十市立下田中学校 閉校

  • 文化・教育施設

四万十市立下田中学校(高知県四万十市下田3216番地1)が74年の歴史の幕を閉じます。1947年(昭和22年)のことです。下田町立下田中学校が創立されました。ここが登校の創立起源とされます。全国的に有名な清流、四万十川の近くの小高い丘に当校は佇みます。テレビドラマのロケ地になるくらい美しい学校です。当校の学校生活はこの美しい川に彩られているようです。青春の思い出となる風景には欠かせない景色です。この川で収穫された「青さの味噌汁」が給食のメニューになるなどまた古来から続く産業への造詣を深めるカリキュラムも組まれているようです。

歴史ある学校ですが、地域の児童数の減少の影響が大きく、学校の再編計画が協議されています。予定では2021年3月をもって閉校となります(2018年現在)。同年4月以降は同校は中村中学校に統合される予定です。ゆかりのあるかたは一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか。

四万十市立小中学校再編検討委員会

引用 四万十市

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す