東松島市立野蒜小学校 閉校

  • 文化・教育施設

宮城県東松島市にある東松島市立野蒜小学校(宮城県東松島市小野字中之関6-2)が、児童減少のため2016年3月末をもって閉校し、142年の歴史に幕を下ろしました。同年4月からは宮戸小学校と統合し、新たに東松島市立宮野森小学校が誕生しています。1873年に開校した野蒜小学校の長い歴史の中でさまざまなことがありましたが、その中でも東日本大震災は忘れられない記憶です。津波により校舎が全壊、その後閉校まで市内の仮設校舎で授業を続けていました。閉校式では旧校庭に置かれた記念碑の除幕や、旧校舎前で校歌を歌うなどして学校の歴史に別れを告げました。ゆかりのある方は記念碑を見に、今一度現地を訪れてみてはいかがでしょうか。辛い記憶はあるものの、140年を超える歴史をつないだ一員として築いた思い出が胸を慰めるかもしれません。(2019年2月執筆)

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す