盛岡市立繋中学校 閉校

  • 文化・教育施設

岩手県盛岡市にある、盛岡市立繋中学校(岩手県盛岡市繋舘市114-1)は、1947年に御所村立御所中学校繋分教室として開校しました。その後改称を経て現在の名称となっています。同校がある盛岡市は、「さんさ踊り」が夏の風物詩。郷土芸能「つなぎさんさ太鼓」を伝統的に受け継いできた同校では、毎年夏に行われるこのお祭りに毎年参加しています。生徒たちも熱心に取り組んでおり、さんさ踊りの他にも御所湖祭りなど、さまざまな場所で披露することで地域の人々の目を楽しませてきました。しかし、残念ながら同校は2020年3月31日をもって閉校し、72年もの長い歴史に幕を下ろすことになりました。4月からは同市にある大宮中学校と統合することになっています。繋中学校に思い出のある方は、ぜひこの機会にもう一度足を運んで、その思い出を偲んではいかがでしょうか。(2019年5月執筆)

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す