茨城県立鉾田第二高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

茨城県立鉾田第二高等学校(茨城県鉾田市鉾田1158)は、1923年に女学校として設立されました。平成に入り男女共学となってからは県東地区で唯一の総合学科高校として、地域を支える人材を育成しています。基本的には普通科で学び、学年が上がるごとに専門課程を選択できるので、進学から就職まで柔軟に対応できることからとても人気のある高校です。また、生徒たちにいちばん好評なのはセーラー服。創立当時の女学校時代から変わらないデザインがとても可愛いと、現代の子どもたちにもとても評価されています。95年の歴史ある同校は2018年に統合され、新しい鉾田第二高校へと生まれ変わりました。大正時代から続く伝統ある校風と、新しい風が交差している現在の同校。ゆかりのある方はいまいちど訪れて、生まれ変わったばかりの懐かしの学び舎の現在の姿をぜひご覧になってください。(2019年5月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す