青森県立板柳高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

青森県北津軽郡にある青森県立板柳高等学校(青森県北津軽郡板柳町大字太田字西上林46)が、2022年度末に閉校する予定です。

同校は、1938年に板柳町立実科高等女学校として開校した80年以上の歴史がある伝統校。改称、移転を経て現在は、板柳駅から徒歩7分ほどの立地の良い場所にあります。学校の規模は大きくありませんが、食堂があったり運動場が広かったり施設は充実していました。板高祭と呼ばれる文化祭や体育祭は学年の垣根を越えて大変盛り上がり、高校生活の大切な思い出となっていたようです。また、運動部、文化部ともに部活動が盛んに行われており、ギター部やイラスト部といった珍しい部活もありました。

残念ながら、少子化に伴い2021年4月に同校と金木、鶴田高校、五所川原工業高校の4校が統合することになり、五所川原工業高校に新しい高校が開校する予定です。同校に思い出のある方は、閉校前にもう一度訪れてみてはいかがでしょうか。

(2019年6月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す