宮古市立和井内小学校 閉校

  • 文化・教育施設

1875年に創立され、2年後に和井内小学校と改称された宮古市立和井小学校(岩手県宮古市和井内第11地割2)が2016年3月31日で閉校し、141年に渡る長い歴史に幕を下ろしました。

刈屋川の中流域にあり、周囲は山林で囲まれリンゴ畑やシイタケ栽培などを行う家庭が多く、児童たちはランドセルにクマ避けのためのベルを下げ登下校をしています。全校児童による青雲太鼓の伝承活動もしていて、村内外での演奏会に揃いの衣装を身に着けて出場した思い出を持つ若い卒業生もいるでしょう。閉校式でも叩き納めとなる和井内青雲太鼓を披露し、地域の方たちにも大きな拍手をもらいました。今後は近隣地区と合わせての太鼓演奏会などに行くことで、青雲太鼓も思い出すことができるでしょう。

(2019年7月執筆)

 

VIDEO : FinalAccess ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す