青森市立奥内小学校 閉校

  • 文化・教育施設

1978年に創立された青森市立奥内小学校(青森県青森市大字清水字浜元181)が、2020年3月末で閉校することになりました。現在児童数は57名ですが、1965年には530人以上の児童が通学していました。児童数減少により西田沢小学校、後潟小学校と統合されるための閉校です。

屋内小学校は陸奥湾沿いにある学校で、長く親しまれた木造校舎は2000年に3階建ての新校舎に生まれ変わりました。近くの海岸で行う地引き網漁の体験が恒例行事となっていて、親子2代で共通の思い出がある卒業生もいるでしょう。

11月9日には閉校記念式典が開かれ、141年の長い年月で奥内小学校を巣立った人たちが再び集まりました。統合により北小学校と名称は変わりますが、校舎は奥内小学校が活用されるので、今後も懐かしい校舎や校庭を訪ねてみてください。

(2019年11月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す