秋田市立上新城小学校 閉校か

  • 文化・教育施設

秋田市立上新城小学校(秋田県秋田市上新城五十丁字大村屋敷22)は、1874年9月15日に五十丁小学校として創立した小学校です。幾度かの改称を経て、1954年に現在の名称となっています。

自然に囲まれた上新城小学校は、田植えや稲刈り、野菜の栽培・収穫体験のほか、ヤマメの稚魚の放流や須恵沢焼き体験など、同校ならではの活動を多く行っています。特に須恵沢焼き体験は講師の先生を招き、それぞれの児童が「思い出に残るもの、自分が作りたいもの」の制作に取り組んでいたようです。

しかし現在、上新城小学校は2022年の3月末の統合に伴い閉校し、148年の歴史に幕を下ろす予定となっています。同校にゆかりのある方は、ぜひ今のうちに足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年2月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す