群馬県立富岡東高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

群馬県富岡市の群馬県立富岡東高等学校(群馬県富岡市富岡118-6)が2018年3月をもちまして、群馬県立富岡高等学校と統合するために閉校となりました。当校は1909年に北甘楽郡女子実業講習所として開校して以来、108年という長い歴史を女子校として歩んできました。文武両道な校風により、国公立大学への進学実績などの勉強面だけでなくスポーツも盛んな学校で。1983年にインターハイで女子総合優勝を、2014年にはハンドボール部がインターハイで準優勝という見事な成績を残したことは生徒たちの大きな誇りとなったことでしょう。また校歌は詩人や作家として著名な佐藤春夫、そして作曲家として名の知られた芥川也寸志の手がけたもので、長く歌い継がれてきたこの曲が失われるのは寂しいことです。残念ながら2018年4月からは統合により共学校になりましたが、ここでの学びや思い出は同校の卒業生達が引き継いでくれることと思います。(2019年4月執筆)

 

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す