龍ヶ崎市立北文間小学校 閉校

  • 文化・教育施設

児童数減少による統廃合により、茨城県龍ケ崎市の龍ヶ崎市立北文間小学校(茨城県龍ケ崎市長沖町1490番地)が2017年3月末で142年の長い歴史に幕を下ろしました。同校は女性として初めて藍綬褒章を受賞した飯塚古登が、寄付を募り私財と敷地を提供して1874年に設立された学校として有名です。校門から入ったすぐの場所には彼女の頌徳碑があり市民遺産として登録されていたり、長年彼女への墓参りが恒例行事となっていたりと同校の生徒にとっては忘れ難い恩人として語り継がれていました。「閉校のつどい」においても彼女の子孫が出席する前で感謝の劇が演じられ、最後までその感謝の心は変わりませんでした。また同つどいでは人気アーティストのサプライズライブがあり、出席者にとっては忘れられない思い出となりました。
2017年4月からは龍ケ崎西小学校に統合されていますが、歴史ある同校で育まれた思い出は卒業生たちの心に長く残り続けることでしょう。(2019年4月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す