Final 2021年3月31日 記事長崎市立江平中学校 閉校のイメージ画像 History 60年

長崎市立江平中学校 閉校

  • 文化・教育施設

長崎市立江平中学校(長崎県長崎市江平3丁目10番1号)は、長崎北部の人口が増えたことに伴い1961年に設立された中学校です。「夢を育む、絆・感動・輝きのある江平中学校」を教育目標に掲げ、夢や目標の実現に向け、主体的に行動できる生徒を育成してきました。2011年には創立50周年を迎えた同校。その歴史の中では、長崎市立の4校とともに国体の開会式においてマスゲームに出場したという経験もあります。

しかし生徒数の減少により、2021年3月31日に長崎市立山里中学校との統合に伴い閉校予定となっています。60年の歴史を持つ中学校の閉校には各地から寂しさを感じる声が聞こえます。閉校する前にぜひこの場所にもう一度足を運び、当時の記憶を思い返してみてはいかがでしょうか。

(2019年6月執筆)

 

沢山の思い出がつまった校舎です。

 

かつては子供たちの賑やかな声が響いていたことでしょう。

 

当校の歴史と伝統は永遠に語り継がれることでしょう。

  PHOTO:  kattyan

 

かわくぼ香織氏の創作作品「かっちぇる♪」。当校が舞台になっているそうです。

永久保存版としてお手元に確保されてはいかがでしょうか?

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事