記事西海市立白似田小学校 閉校のイメージ画像

西海市立白似田小学校 閉校

  • 文化・教育施設

1877年に開校した西海市立白似田小学校(長崎県西海市西彼町白似田郷934番1号)が同市立亀岳小学校との統合のため2018年3月末をもって141年に渡る歴史を終えました。周囲を雄大な自然と田園地帯に囲まれた、のどかな場所に建っていた同校の最後の児童数は32名。閉校日の様子はテレビ朝日系列のドキュメンタリー番組でも放映されました。統合先である亀岳小学校とは園芸での交流が盛んで近隣の病院の中庭には両校の児童たちがデザインした花壇があり、周辺地域とも密接に関わっていました。1世紀以上の歴史を持つ学校にふさわしく、これまで巣立っていった歴代の卒業生たちからもその閉校を惜しむ声が多く寄せられました。(2019年6月執筆)

 

小さくて可愛らしい校舎です。

 

子供達が元気に駆け回っていたことでしょう。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

PHOTO:kattyan

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す