記事尾鷲市立梶賀小学校 閉校のイメージ画像

尾鷲市立梶賀小学校 閉校

  • 文化・教育施設

小さな入り江の小さな漁師町、その最も見晴らしの良い高台に位置する梶賀小学校(三重県尾鷲市梶賀町330)が、1998年に閉校を迎えました。

同校は1878年に開校した、木造平屋建ての小学校。当時、長い石段を登った先にある校舎では、集落で暮らす子どもたちが毎日元気に登校していました。約120年間使われてきた校舎内は所々激しい損傷が見られるも、職員室や図書室などそれぞれの教室には今なお、授業で使用されていた物が数多く残されています。現在は丘の上という立地を生かし、津波災害時の避難場所に指定。そのため地域の人によって、広い芝生の校庭はきれいに整備されています。

この地域の子どもたちは現在少し離れた小学校へ通っているため、梶賀小学校の役目はすでに終わってしまいましたが、思い出のある方はこの場所を一度訪れてみてはいかがでしょうか。

(2019年3月執筆)

 

美しい山に見事に調和した校舎です。

 

きっと沢山の思い出が詰まっているであろう鉄製の台座です。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:遍照の響き/梶賀小学校

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す