記事唐津市立田頭小学校 閉校のイメージ画像

唐津市立田頭小学校 閉校

  • その他

周囲にのどかな田園風景が広がる唐津市立田頭小学校(佐賀県唐津市相知町田頭427番地2)が、2010年3月31日をもって、135年の長い歴史に幕を閉じました。

同校は1875年に創立した全校生徒約50人程度の小規模学校。自然豊かな環境での学校生活は生徒達にとって毎日が学びの場でもありました。特に同校では昔からの伝統である厳木川での「町切水車」の取り付け体験があります。年生徒達が参加し、自ら設置した水車が元気よく回るのを見ながら食べる流しそうめんは絶品だったようです。しかし、少子化の影響で生徒数が年々減少しやむなく閉校を迎えることに。またひとつ貴重な歴史ある学校が無くなってしまうのは寂しいですが、もし同校にゆかりのある方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

(2018年10月執筆)

 

フォトジェニックな校舎です。

 

きっと夏の水泳教室は盛り上がったことでしょう。

 

長年に渡り地域の子供達をお守り頂き、ありがとうございました。

 

PHOTO:kattyan

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す