多古町立常磐小学校 閉校

  • 文化・教育施設

少子化による統廃合のため、多古町立常磐小学校(千葉県香取郡多古町南玉造162)が2020年3月末で閉校し、145年の歴史に感謝を込めた記念の石碑が校内に建造されました。

小高い丘の上に建った校舎からは水田を一望できます。地域の人々と同校の関わりは深く、卒業生からの支持も厚い学校でした。特産品である多古米製の米粉パンが給食として食べられており人気メニューのひとつです。

地域との関わりを尊重してきた同校ですが、惜しまれながら閉校の時を迎えました。常磐小学校にゆかりのある方は、この場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。当時の思い出を振り返ることができるはずです。

(2020年4月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事