久喜市立江面第一小学校 閉校

  • 文化・教育施設

久喜市江面第一小学校(埼玉県久喜市北青柳40番地の1)は、1873年に江面学校を宝光院に開設されたのがその歴史の始まり。その後江面第一尋常小学校と名前が改められ、1909年12月12日に開校式が行われています。

同校では茶道や華道、将棋、日本舞踊といった日本の伝統文化を体験する機会を多くもっていたり、サマースクールでは地域の中学生がサポートに訪れるなど、地域住民と交流する機会を多く設けている点が特徴。また同校の校章は、久喜市の江面地区にある北青柳・江面・除堀・原・樋ノ口・下早見・太田袋の7つのエリアを「なでしこ」の花弁に見立てており、非常に趣があります。

しかし同校は、2021年3月31日をもって統合に伴う閉校が予定されています。開校式より112年もの長い歴史に幕を下ろすことになりますが、同校にゆかりのある方はぜひこの場所に足を運んでみてください。学校に通っていた頃の懐かしい思い出がよみがえってくるはずです。

(2021年1月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事