君津市立小櫃中学校 閉校

  • 文化・教育施設

2020年3月末をもって、君津市立小櫃中学校(千葉県君津市俵田1110)が閉校しました。

1947年に小櫃小学校に併設されて創立したことが同校の起源となります。同校は、市の内陸部の自然豊かな場所に位置する学校。ブラジルのサンパウロ市にある大志万学院と姉妹提携を結んでおり、毎年訪伯使節団交流を行っていました。隔年で相互に使節団を派遣し、同校の生徒たちと授業や給食などの生活を共に行動しました。言葉の壁はあったものの、生徒たちはすぐに仲良くなっていたとのことです。また、同校では全校生徒が部活動に入部しており、放課後は元気な声が地域に響き渡り活気に満ち溢れていたそうです。

73年間に渡りこの地区を見守り続けてきた同校ですが、残念ながら2020年に閉校し、その歴史は新設の統合校の君津市立上総小櫃中学校に引き継がれました。ゆかりのある方はこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年1月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す