記事[鹿屋市指定文化財] 大園橋 解体/撤去のイメージ画像

[鹿屋市指定文化財] 大園橋 解体/撤去

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

鹿屋市を流れる肝属川に架かる石橋「大園橋」(鹿児島県鹿屋市祓川町)の解体撤去が正式決定されたようです。

大園橋は高さ5m、全長約30mの二連橋。石工の里として有名な鹿児島市・伊敷から石工を招聘して整備されたのが1904年のことです。大隅地方に残る貴重なめがね橋のひとつであり、深い歴史と美しい佇まいは地域住民のみならず観光客や歴史ファンを魅了してきました。鹿屋市指定文化財に指定されたのは1988年。以降、地域の保存会が定期的に清掃を行うなど地域住民に長きに渡り大切にされてきました。

しかし2021年の地域を直撃した豪雨で大園橋に流木がかかるなどし、周辺地域の住居に影響が出ていたとのこと。そして総合的に勘案して文化財としての指定解除・解体撤去の正式決定に至ったようです。

日露戦争が起こった1904年から繋いできた堂々たる歴史の閉幕です。深い歴史ロマンと優美な景観で人々を楽しませてくれた眼鏡橋の記憶はきっと人々の心の中に永遠に残ることでしょう。

(2022年6月執筆)

 

大園橋

1世紀を超える期間に渡り地域の大切な橋であり続けました。

 

大園橋

多くの人々の思い出を詰め込んでその歴史の幕を下ろします。

PHOTO:PIXTA

 

 

 

VIDEO : PDS南大隅 様

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す