土浦市立藤沢小学校 閉校

  • 文化・教育施設

1875年(明治8年)に私塾「歓相舎」から転換し公立の学校として開校、2006年に新治村が土浦市に合併し、土浦市立藤沢小学校(茨城県土浦市藤沢3057)に至ったという歴史があります。歴史がある学び舎ですが残念ながら2018年3月末で閉校しました。藤沢小学校は旧新治村の中では児童数が200名を超える大きな学校で、学校行事も多様なものがありました。児童が作詞した「ふじさわ音頭」はAとBがありCDもなっていて、今でも耳にする機会があるかもしれません。また、地域の人に教わりながら、そばの種まきから収穫、そば打ちまでして味わい、カイコの飼育といった藤沢地区に伝わる産業の体験も盛んでした。

同年4月からは山ノ荘小学校、斗利出小学校と新治中学校とでの合併がされ、旧新治村では唯一となる小中一貫校の新治学校へ児童は通っています。

(2019年4月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す