Final 2005年3月31日 記事瑞浪市立大湫小学校 閉校のイメージ画像 History 132年

瑞浪市立大湫小学校 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

瑞浪市立大湫小学校が閉校したのは 2005年の3月末のこと。そしてその校舎は 2017年11月に解体されました。

大湫町のシンボルだった旧大湫小学校校舎の赤い屋根は、町の高台にあり、最後の生徒数は20人ほどでした。解体にあたっては惜しむ声が多く寄せられていましたが、地震に耐えられない構造であることや、今後の維持管理のめどが立たず、町内での複数回の協議を経て、解体が決定されました。そして解体前の最後の姿として2017年10月30日から11月2日の午後5時半から午後9時までライトアップが実施されたようです。小さな小さな町のシンボルを最後に見ることができる機会です。参加された方は最後の姿を心に刻むことができたことでしょう。

(2018年6月執筆)

 

子供達の元気な歓声が聞こえてきそうな校庭です。

 

長きに渡り地域の子供達を守ってくれた校舎です。その姿は永遠に記憶されることでしょう。

PHOTO:PIXTA

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す