小山市立絹中学校 閉校

  • 文化・教育施設

小山市立絹中学校(栃木県小山市福良2240-1)は、1947年に創立されたところからその歴史はスタートしました。同校では毎年「せきれい祭」を開催。2016年度は「感謝」をテーマに取り組む中、和太鼓の演奏やビッグアート、合唱コンクールなどが行われ、各クラスで一生懸命取り組む姿が見られました。生徒たちの成果を多くの保護者や地域の人々が見に足を運び、子どもたちの活躍に目を細めていました。また2014年度から小山市と結城市の友好都市締結に伴い、文化的交流事業の一環として結城紬の着心地体験会を行っています。着付けの講師や着付けボランティアを招き、実際に身につけてみることで他の地域の伝統文化を体験できる、貴重な機会でした。しかし残念ながら2017年3月31日に閉校し、惜しまれながらその70年の歴史に幕を下ろしました。同校にゆかりがある方は、ぜひこの地にもう一度足を運んでみてください。懐かしい思い出がよみがえってくることでしょう。(2019年4月執筆)

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す