Final 2020年3月31日 記事本部町立崎本部小学校 閉校のイメージ画像 History 110年

本部町立崎本部小学校 閉校

  • 文化・教育施設

沖縄県にある本部町立崎本部小学校(沖縄県国頭郡本部町崎本部127)は、1910年に開校した小学校。沖縄の北部本部町の小高い場所に佇む美しい学び舎です。

地域に密着し愛されている同校ですが、特に給食において特徴的な取り組みを行っています。例えば1年間に7回、学級担任の先生以外の職員が各学級で給食を一緒に食べる「ふれあい給食」や年に4回全校児童で一緒に給食を食べる「わくわくうきうきランチタイム」など。給食を通して、普段は関わることが少ない職員や他の学年の児童と触れ合う時間を持っています。また、少人数という特性を生かして、学年を超えた縦割り班での活動も多く行なっています。例えば6年生のリーダーが中心となって行うカズラ植えやサツマイモ掘り、通学路の清掃などさまざまな活動を実施しています。

しかし同校は2020年3月末をもって閉校することが決まっており、110年の歴史に幕を下ろすことになりました。閉校は残念なことですが、同校にゆかりのある人は、ぜひもう一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2019年11月執筆)

ARTWORK : 岡本 梓 様

 

沖縄の美しい海と空に抱かれた学び舎です。次のページでお写真もご確認下さい。

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事