八代市立鏡西部小学校 閉校

  • 文化・教育施設

広大な田園と海に囲まれた八代市立鏡西部小学校(熊本県八代市鏡町野崎217-1)が2020年3月末をもって閉校することになり、144年の歴史に幕を下ろすことになりました。

全校児童数25名と小規模な学校である同校は1876年尋常小学校野崎分校として開校し、1950年には現在の鏡西部小学校に改称しました。

当校の校内には給食室が設置されており、子どもたちからは毎日出来たてのおいしい給食を食べられる、と人気でした。また、地域の人とのつながりを尊重してきた同校。今年度で最後となった運動会などの各種行事では地域からたくさんの支援があったようです。同校にゆかりがある方はもう一度訪れてみてはいかがでしょうか。きっと懐かしい思い出がよみがえることでしょう。

(2020年1月執筆)

 

VIDEO : FinalAccess ファイナルアクセス

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す