鹿角市立花輪第一中学校 閉校

  • 文化・教育施設

秋田県の鹿角市立花輪第一中学校(秋田県鹿角市花輪字陳場125)が、2020年3月に閉校し、73年の歴史に幕を下ろします。

同校は、1947年秋田県北部の山々に囲まれた自然豊かな地区に開校。1970年ごろから部活動が始まり、男子スキー部は全県中学スキー大会で優勝常連校となっていました。平成時代に入ってからは部活動の種類も増え、陸上部が全県中学校駅伝大会や陸上競技大会で好成績を残しているほか、野球部、ソフトテニス部、剣道部などの活躍も目立っています。年間行事には体育大会や音楽祭などがあり、夏休みには花輪ねぶたや花輪ばやしといった地域の伝統行事にも参加していました。

市全体で少子化が進んでいることから、花輪第二中学校と統合することになり、2020年4月からは花輪中学校が開校します。同校の校舎は大規模改修工事が行われており、校庭の大きな桜の木が花を咲かせる頃、生徒たちは新たな生活を始めることになります。

(2020年2月執筆)

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事