白川町立白川小学校 閉校

  • 文化・教育施設

岐阜県の白川町立白川小学校(岐阜県加茂郡白川町和泉342-2)が、2020年3月末に閉校し147年の歴史に幕を閉じました。同校は明治初期の1873年に開誠義校として開校。合併や改称を繰り返し、1953年に現在の校名となった伝統校です。

山間にあるため少子化が進み児童数は44人にまで減少。しかし、同校では小規模校の特徴を活かした活動を授業に取り入れており、福祉施設や保育園との交流、さつまいもや白川茶の収穫体験など、地域の住民との交流を深め、地域全体に見守られながら児童たちは元気に学校生活を送っていました。また、読書活動にも力を入れており、図書館を魅力ある環境に整え、並行読書、集団読書、家族読書など日頃から読書に親しむことで、思考力や表現力を高めていたようです。

白川町の小中学校再編により4月からは白川北小学校に統合され、白川北小学校が白川小学校に改称し新たな学校生活が始まりました。白川小学校にゆかりのある方は、ぜひもう一度懐かしの校舎を訪れてみてはいかがでしょうか。

(2020年4月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事