記事土佐清水市立宗呂小学校 有永分校 閉校のイメージ画像

土佐清水市立宗呂小学校 有永分校 閉校

  • 文化・教育施設

高知県の県道344号線から有永集落へ向かう道路の途中にあった土佐清水市立宗呂小学校 有永分校(高知県土佐清水市有永)は、1988年に休校、2009年に廃校となった小学校です。

元々は1876年に有永に小学校が開設されたのちに下川口町出合小学校有永分校となったものの、出合小学校の廃校に伴って宗呂小学校の分校になったという歴史を持っています。1973年当時の児童数は5名だったとのこと。休校からかなりの時間が経過していることもあり、1948年に建てられた校舎はかなり老朽化が進んでいますが、建物には分校名を記した表札がかかっているのが確認できます。また、子どもたちが遊んでいたであろう校庭には、錆びついてしまったジャングルジムと滑り台も残されているのが見られます。ここに確かに美しい学び舎が存在した。その確かな証が残されています。

(2020年4月執筆)

 

かつては子供たちの賑やかな声が響いていたことでしょう。

 

沢山の思い出がつまっています。

 

長年に渡り、地域の子供達をお守り頂きありがとうございます。

PHOTO:遍照の響き/宗呂小学校 有永分校

 

VIDEO:四国ねっとTV 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事