佐野市立山形小学校 閉校

  • 文化・教育施設

校舎内にある丸いオープンスペースがおしゃれな、佐野市立山形小学校(栃木県佐野市山形町649番地2)が、2020年3月末をもって閉校となり146年の長い歴史に幕を閉じました。

同校は1874年に創立した、児童数60人の小さな小学校。地域交流が盛んで、育成会による水風船合戦やかるた取り大会などは特に子どもたちが喜ぶイベントのひとつでした。また午前中の授業の合間に行われる業間活動「GO!GO!チェリー」では、月曜から水曜日まで毎日全校児童と教職員が校庭を3分間走ります。1年間継続すると子どもたちの走力はぐんぐん伸びて体力もつくと保護者からも好評だったようです。

しかし、義務教育学校への移行のため同校は閉校を迎えることになりました。現在子どもたちは統合後の学校へ新しい仲間と共に元気に通っています。もし、この場所にゆかりのある方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

(2020年5月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事