Final 2000年3月31日 記事山古志村立種苧原小学校 閉校のイメージ画像 History 126年

山古志村立種苧原小学校 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

山古志村立種苧原小学校(新潟県長岡市山古志種苧原2603)は、1874年に開校した小学校です。当時は第3中学区第11番小学第二分校という名前でしたが、幾度かの解消を経て1974年に現在の名称になりました。

同校は元々は別の場所にありましたが、1913年に現在地に移転しており、以来地域の人々とともに歩んできました。しかし同校は2000年に他の小学校との統合に伴って閉校し、126年もの長い歴史に幕を下ろしています。閉校前には記念式典が執り行われ、学校の歴史を振り返り、閉校が惜しまれたようです。

閉校後も同校の校舎は残されており、今もその姿を見せてくれます。同校にゆかりのある方は、ぜひもう一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。懐かしい小学校時代の思い出がよみがえってくるかもしれません。

(2020年8月執筆)

 

確かにここに学び舎が存在した。その証です。

 

卒業生、先生方など関係者様の心の中に、美しい思い出が永遠に記憶されますように。

 

PHOTO:遍照の響き/種苧原小学校

 

当校が佇む山古志地域の名産「かぐら南蛮」です。

一度試されてみてはいかがでしょうか?

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事