広島県立呉昭和高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

広島県立呉昭和高等学校(広島県呉市焼山町山の神)は、1983年に設立された普通科の高等学校です。これまでに6600名を超える卒業生を輩出してきました。

同校は、社会で活躍し貢献できる人材の育成を目指してきた学校。全ての教職員により、きめ細かい進路指導を充実させたり、ボランティア活動の推進、地域との連携推進に加え、少人数指導・個別指導を徹底してきた学校。それぞれの力や希望に応じた指導を行ってきました。

しかし呉昭和高等学校では、2022年春より生徒の募集を停止し、2024年3月31日に閉校することが発表されています。閉校により41年の歴史に幕を降ろすことになりますが、同校にゆかりのある方は、ぜひもう一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年4月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す