栃木市立藤岡第二中学校 閉校

  • 文化・教育施設

2022年3月末をもって、栃木市立藤岡第二中学校(栃木県栃木市藤岡町富吉1544)が閉校します。

1947年に部屋小学校の一部を使用し、部屋村立部屋中学校が誕生。ここが当校の創立起源となります。広いグラウンドや校内の花々が鮮やかな同校には生徒50名弱が在籍。地域との交流が盛んで、特に小学生との合同のあいさつ運動は犯罪防止にも一役買っていると地域で評判です。他にも小学生が度々同校へ訪れてレクレーションを行うなど、学年を超えた良好な関係が築かれているとのことです。

75年間に渡りこの地区を見守り続けてきた同校ですが、残念ながら2022年に閉校。その歴史は新設の統合校の栃木市立藤岡中学校に引き継がれ、同校は学び舎としての役目を終える予定。ゆかりのある方はこの場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年7月執筆)

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す