神奈川県立相模原総合高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

神奈川県立相模原総合高等学校(神奈川県相模原市緑区大島1226)は、2003年に神奈川県立大沢高等学校を改変する形で開校した高校です。

同校では、5年後・10年後といった先を見据えた教育活動を行っていることが特徴。例えば自分の将来の姿を具体的にイメージするためのキャリア教育を行うことにより、充実した高校生活に繋げています。また、2年生からは自分自身の興味関心や進路希望を踏まえて、同校ならではの総合選択科目も学んでいきます。この総合選択科目は全72科目が用意されており、進路に合わせて選び、学ぶことができます。

残念ながら相模原総合高等学校は統合により2023年3月31日に閉校し、20年の歴史に幕を下ろす予定となっています。同校の敷地や施設は、新しくできる単位制・全日制の普通科高等学校として活用されることが検討されています。同校にゆかりのある方は、もう一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年12月執筆)

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す