大崎市立池月小学校 閉校

  • 文化・教育施設

宮城県の北部、大崎市の大崎市立池月小学校が創立以来の145年の歴史に幕を下ろし、2018年3月に閉校します。当校は、1873年に上一栗小学校として創立され、戦前戦後とその名称を変えながら、旧岩出山町時代の昭和初期に池月小学校となりました。

近隣には奥の細道湯けむりラインの愛称で知られるローカル線、JR陸羽東線が通っており、平日・土日ともに多くの観光客や地元客でにぎわいます。また宮城の中でも、特に泉質が良いことで有名な鳴子温泉も近く、都市圏とは異なる独自の歴史や風土・文化の中で長年情緒豊かな児童教育が進められていました。

地域住民に愛された当校ですが、人々に惜しまれながら長い歴史を閉じることとなります。同年に地域の5つの小学校が岩出山小学校に統合され、新設校の新たな歴史が始まります。

(2017年8月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す