県立小豆島高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

季節を問わず温暖な小豆島で1920年(大正9年)5月7日に設立された小豆島高校。二十四の瞳で知られる岬の分教場から程近い草壁にある高校は小豆島だけでなく近隣の島からも生徒が通っており、瀬戸の島々の担い手を育ててきました。大学進学を目指す生徒は普通科のある小豆島高校に進学すると言うのが一般的な流れのようです。第88回選抜高校野球大会では21世紀枠で甲子園出場を果たし選手宣誓を務めるなど全国に存在感をアピールしています。そんな小豆島高校が2017年3月31日で97年の歴史に幕を閉じ、土庄高校と統合し小豆島中央高校として真新しい校舎、真新しい制服で新たな歴史を刻み始めています。(2017年11月執筆)

 

 

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す