伊佐市立大口中学校 閉校

  • 文化・教育施設

1947年に開校した伊佐市立大口中学校(鹿児島県伊佐市大口篠原746-1)が2015年3月末、伊佐市立大口南中学校及び伊佐市立山野中学校との合併統合によって68年の長い歴史を終えました。大口中学校の所在していた旧大口市地域は、生徒数の減少により学校の再編成を目的とした統合が行われました。学校から見渡せるほどの緑豊かな場所に建ち、地域の歴史についての勉強が盛んでした。その跡地はそのまま合併後の中学校に利用され、現在も変わらず生徒が勉学に励んでいます。また、伊佐市出身の漫画家・井上雄彦さんが市内の小中学に自著を寄贈し、その式典が当校で行われたこともありました。同校での思い出がある方は、ぜひ近くを通りかかった時に立ち寄ってみてください。(2019年2月執筆)

 

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す