山梨県立増穂商業高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

富士川と南アルプスに囲まれた自然豊かな環境に恵まれた、山梨県立増穂商業高等学校(山梨県南巨摩郡富士川町最勝寺1372)は、1956年に創立され県内唯一の商業高校として多くの生徒たちを育ててきました。部活動も盛んに行われており、女子バレーボール部は全国でも有名な強豪チームです。商業高校としては、地域と協力し地元の特産品を使った商品開発などに積極的に取り組んできました。文化祭はとくに人気で「増商デパート」と呼ばれるほど、生徒のみならず地域の人々も楽しみにしているイベントのひとつです。

地域に密着し歴史豊かな学び舎ですが、県の再編計画により市川高校、峡南高校との統合が予定されており増穂商業は閉校となります。69年の歴史の閉幕です。商業高校ならではの教育と社会生活でもっとも大切な「誠実さ」を基本精神に、新しい学校でも伝統を引き継いでくれることでしょう。

(2019年1月執筆)

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す