守口市立第二中学校 閉校

  • 文化・教育施設

大阪府守口市にあった守口市立第二中学校(大阪府守口市寺方元町4丁目1番40号)が、2015年3月末をもって閉校となり、67年の歴史に幕を下ろしました。第二中学校は1947年に開校。開校当時は生徒数も多く、1949年には第三中学校・1956年には第四中学校が分離しましたが、1980年代をピークに生徒数は徐々に減っていき、2015年度より第四中学校と合併することになりました。
第二中学校では閉校式実行委員会が発足され、閉校直前の2015年3月28日には体育祭、3月29日には文化祭が催されました。卒業生や地元の方など誰でも参加のできるイベントが開催され、大いに盛り上がり、最後は校歌斉唱でしめくくられました。残念ながら第二中学校の校舎はすでに取り壊されてしまいましたが、卒業生の心の中にはいつまでも第二中学校の思い出が残っていくのではないでしょうか。同校に思い出がある方は、学校があった場所にぜひもう一度足を運んでみてください。(2019年3月執筆)

 

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す